忍者ブログ

バイアグラ錠

ファイザー「バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)」のブランド薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行購入

EDの治療
ベストケンコー - ED薬でタグ付けをされた商品

バイアグラは危険な薬という誤解

「バイアグラをのんで死んだ人もいる。危ない薬なのでは?」
「お酒を飲んでからバイアグラをのむと、かなりヤバいらしい」

 発売から13年が経ち、世界中で現在も売られているというのに、日本ではバイアグラに関するこうした誤解がいまだに残っているようだ。しかし、もし本当にそのように危険な薬なら、今も世界中で売られているはずがない。医薬品の製造許可や発売認可は、特に日本では厳しいが、その日本で今もバイアグラは処方され続けているのだ。

 なぜ、こうした誤解が広まったのか? それは日本でバイアグラが発売される前年の1998年まで遡る。日本でバイアグラによる死亡例が出て、新聞や雑誌などがセンセーショナルに報道したのである。

 1998年7月、60代の男性が友人からもらったバイアグラを1錠服用後、性行為に及んだが、しばらくして倒れてしまう。異常に気づいた家族が救急隊を要請したが(バイアグラ服用から約2時間20分後)、到着の時点ですでに心肺停止の状態だった。ただちに医療機関に搬送し、心肺蘇生を試みたが死亡したのだ。

 厚生労働省は医療機関からの情報提供を受けて注意喚起を促したが、そのなかでは「バイアグラとの因果関係は不明」としている。その死亡した男性は高血圧と糖尿病を患い、しかも不整脈の治療中で、ニトログリセリンを使用していたのだ。バイアグラをはじめとするED治療薬は、ほとんどの薬との併用が可能である。しかし、狭心症や心筋梗塞など心臓病の治療に処方されるニトログリセリンだけは例外で、この事故のように死に至ることもあるのだ。

 現在の日本でもそうだが、当時バイアグラが発売されていたアメリカでは処方に際して、医師の診断のもと患者への十分な説明が行われてから使用される薬である。おそらく死亡した男性には処方に関しての知識はなかったのだろう。

 このようなのみ方を間違えた結果のバイアグラを服用しての死亡事故は、この後も何件か続くことになる。もともと心臓に持病を抱え、バイアグラと併用してはならないニトログリセリン系の薬をのんでいるのに、大量の飲酒をした末に性行為に及ぶなど自殺行為に等しい。

 ところが、事故を起こした男性がこうしたむちゃな服用の仕方をしていたことは伝えずに、事故死した人がバイアグラを使っていたという点だけがメディアによって煽り気味に報道されたため、バイアグラは危険という大いなる誤解が広まってしまったのである。ただ、最近ではバイアグラに対する誤解はほぼなくなってきている。「のむと死ぬ」と誤解されたバイアグラだが、過去から現在に至るまで、ED治療薬のなかでもっとも売れており、世界的にも日本でも市場シェアは5割に達しているのだ。本当に危険な薬なら、日本はもちろん世界中でこれほど人気を博すことはないだろう。



PR

バイアグラの成績表

バイアグラ使用後,性交(自慰は除く)について調査ができた評価可能症例は177例(全体323例の54.8%)で,観察期間は0.5~11ヵ月,平均4.59±2.67ヵ月であり,性交の試み回数,謄内挿入回数,腔内射精回数,勃起の改善について,バイアグラの使用前後で比較した。

◇性交の試み増加症例率
使胆前は1年間なし40例,年に1~11回47例,月に1~12回90例,平均月に1.45±2,01回で,使用後は1年間なし6例,年に1~11回13例,月に1~12回158例,平均月に3.06±2.41回と増加した.性交の試み回数が増加した症例は71.2% (126例)であった。

◇膣内挿入改善症例率
使用前は1年間なし97例,年に1~11回40例,月に1~12回40例,平均月に0.69±1.75回で,使用後は1年間をし28例,年に1~11回7例,月に1~12回142例,平均月に2.67±2.46回と増加した。膣内挿入回数が増加しか症例は74.6%(132例)であった。

◇膣内射精改善症例率
使用前は1年間なし121例,年に1~11回32例,月に1~12回24例,平均月に0.44±1.37回で,使用後は1年間なし53例,年に1~11回7例,月に1~12回117例,平均月に2.21±2.50回と増加した.膣内射精回数が増加した症例は61.6%(109例)であった。

◇勃起改善症例率
勃起自体が改善した症例は94.4%(167例)であった。

◇妊 娠
妊娠は,挙児希望カップルの3.4%(116例中4組)で確認できた。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  薬通販ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ED治療の第一選択は「バイアグラ」

カウンセリングによる治療がうまくいけば、くすりを使わないですみますし、再発の可能性も減ります。しかし、カウンセリングには時間がかかりますし、女性にかなりの努力を強います。ですから、心理的なEDの場合も、女性の努力を軽くし、また男性の自信を回復させるために、バイアグラを使うケースが多くなっています。

心理的なEDの場合、一体にはまったく問題はないのですから、勃起に関する自信させ回復すれば、バイアグラは必要なくなります。つまり、完全に治すことができるのです。

短期間ではむりですが、毎回勃起がうまくいくようになったらバイアグラの量を減らし、あるいは調子が悪いときだけに使うようにするなどして、徐々にくすりがなくてもすむようにします。

●器質性のEDにもバイアグラは有効

器質性のEDの場合、くすりを手放せない人が多いようです。

器質性とひとことでいっても、体のどこに問題があるのかによって、神経性、血管性、ホルモン、陰茎自体の変形などいろいろな場合がありますが、どの場合にもバイアグラは有効です。

バイアグラは、禁忌の場合とニトログリセリン製剤(硝酸剤、NO薬)との併用ができない場合以外は、重い副作用はなく、治療的診断にも使われるものですから、かなり広範囲の患者さんに使われています。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  薬通販ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

軽いEDはカウンセリングだけで治る - 男女関係の調整

心理的なことが原因となっているED、あるいは夫婦間の調整などで解決をはかれるEDは、カウンセリングだけで治ることもあります。夫婦間の調整の場合、夫婦それってのカウンセリングが原則です。

●男女関係の調整
よく冗談に、「妻は自分の子の母親。家族とはセックスできない」などという男性がいますが、これはある意味で男の心理をよく表しています。たとえば子供が生まれると、女性のなかの母親としての面が前面に出すぎてしまい、夫が妻を女性として見られなくケースがあるのです。そうした場合、男性側からはもうすこし身だしなみに気をつけて、女らしい面を見せてほしいという要望があったりするので、できる範囲で女性にそう心がけてもらうようにしたりします。

また、体位の指導をすることもあります。男性が勃起を維持したり集中したりしやすい体位は、男性の体をベッドに預ける体位、具体的には側位や女性上位です。こうした体位をとると血液がペニスに集まりやすく、また、自分の体重を支える必要がないので、性行為に集中しやすいというメリットがあります。実際に女性上位でうまくいったという例が少なくないので、こうした体位ができるカップルには、それも試してもらいます。ただこの場合、女性に一方的に負担がかかり、「なんで私だけが努力しなくちゃいけないの?」と感じることもあるので、そうした女性の気持ちを考えることも大切です。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  薬通販ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

軽いEDはカウンセリングだけで治る - 家庭環境の調整

心理的なことが原因となっているED、あるいは夫婦間の調整などで解決をはかれるEDは、カウンセリングだけで治ることもあります。夫婦間の調整の場合、夫婦それってのカウンセリングが原則です。

●家庭環境の調整
家庭環境も重要です。同居人の状態、たとえば両親と同居しているか、子供がいるかどうか、寝室は夫婦だけか子供が一緒か、などです。子供が夫婦の間に寝ている場合など、女性のほうは案外慣れてしまっていますが、男性のほうは気になってしかたがない、というケースが多いようです。子供が原因となっている場合、寝室を移動するとか、それが不可能であれば、休日になんらかの口実をもうけて夫婦で出かけ、ホテルに行くなども有効です。このようなことでも、第三者がきっかけをつくってくれないと、夫婦だけでは話し合いもできないというカップルが実際には多いのです。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  薬通販ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

軽いEDはカウンセリングだけで治る - SEXの考え方の違いの調整

心理的なことが原因となっているED、あるいは夫婦間の調整などで解決をはかれるEDは、カウンセリングだけで治ることもあります。夫婦間の調整の場合、夫婦それってのカウンセリングが原則です。

●セックスに関する考え方の違いの調整
女性のなかには、性行為は男性が責任をもって行なうべきものと考えて、自分からは何もしない人もいます。とくに、「女が誘うなんてはしたない」と考えるようなきまじめな女性はそう考える傾向がありますが、男性にはやはり性的な刺激が必要です。そういう男性の生理や気持ちを女性が理解し、ある適度、女性のほうも積極的になる努力をしてもらうことが必要です。

また男性側も、女性の生理や気持ち(たとえば年輩の女性の性交痛など)に十分配慮する必要があります。そうしないと、女性に拒否されたり、ひたすら早く終わってほしいと思われたりして、それがEDにつながったりします。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  薬通販ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

軽いEDはカウンセリングだけで治る - セックスをする時間の調整

心理的なことが原因となっているED、あるいは夫婦間の調整などで解決をはかれるEDは、カウンセリングだけで治ることもあります。夫婦間の調整の場合、夫婦それってのカウンセリングが原則です。

●セックスをする時間の調整
たとえば、夫が多忙で毎日のスケジュールが会わず、性行為をする時間がとれないとか、セックスに関する夫婦間での考え方の違いなどが問題になります。

とくに30代、40代の働きざかりの男性は、平日は仕事でクタクタで、セックスは休みの日の昼のほうがいいと思っているのに、パートナーの女性は平日の夜のほうがいいと考えていたりします。そういった場合には、よるにこだわらないようにアドバイスし、昼間で可能な時間を調整したりします。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  薬通販ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- バイアグラ錠 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-