忍者ブログ

バイアグラ錠

ファイザー「バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)」のブランド薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行購入

ベストケンコー - ED薬でタグ付けをされた商品

バイアグラは危険な薬という誤解

「バイアグラをのんで死んだ人もいる。危ない薬なのでは?」
「お酒を飲んでからバイアグラをのむと、かなりヤバいらしい」

 発売から13年が経ち、世界中で現在も売られているというのに、日本ではバイアグラに関するこうした誤解がいまだに残っているようだ。しかし、もし本当にそのように危険な薬なら、今も世界中で売られているはずがない。医薬品の製造許可や発売認可は、特に日本では厳しいが、その日本で今もバイアグラは処方され続けているのだ。

 なぜ、こうした誤解が広まったのか? それは日本でバイアグラが発売される前年の1998年まで遡る。日本でバイアグラによる死亡例が出て、新聞や雑誌などがセンセーショナルに報道したのである。

 1998年7月、60代の男性が友人からもらったバイアグラを1錠服用後、性行為に及んだが、しばらくして倒れてしまう。異常に気づいた家族が救急隊を要請したが(バイアグラ服用から約2時間20分後)、到着の時点ですでに心肺停止の状態だった。ただちに医療機関に搬送し、心肺蘇生を試みたが死亡したのだ。

 厚生労働省は医療機関からの情報提供を受けて注意喚起を促したが、そのなかでは「バイアグラとの因果関係は不明」としている。その死亡した男性は高血圧と糖尿病を患い、しかも不整脈の治療中で、ニトログリセリンを使用していたのだ。バイアグラをはじめとするED治療薬は、ほとんどの薬との併用が可能である。しかし、狭心症や心筋梗塞など心臓病の治療に処方されるニトログリセリンだけは例外で、この事故のように死に至ることもあるのだ。

 現在の日本でもそうだが、当時バイアグラが発売されていたアメリカでは処方に際して、医師の診断のもと患者への十分な説明が行われてから使用される薬である。おそらく死亡した男性には処方に関しての知識はなかったのだろう。

 このようなのみ方を間違えた結果のバイアグラを服用しての死亡事故は、この後も何件か続くことになる。もともと心臓に持病を抱え、バイアグラと併用してはならないニトログリセリン系の薬をのんでいるのに、大量の飲酒をした末に性行為に及ぶなど自殺行為に等しい。

 ところが、事故を起こした男性がこうしたむちゃな服用の仕方をしていたことは伝えずに、事故死した人がバイアグラを使っていたという点だけがメディアによって煽り気味に報道されたため、バイアグラは危険という大いなる誤解が広まってしまったのである。ただ、最近ではバイアグラに対する誤解はほぼなくなってきている。「のむと死ぬ」と誤解されたバイアグラだが、過去から現在に至るまで、ED治療薬のなかでもっとも売れており、世界的にも日本でも市場シェアは5割に達しているのだ。本当に危険な薬なら、日本はもちろん世界中でこれほど人気を博すことはないだろう。



PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- バイアグラ錠 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-